dazai

太宰のゆるゆる生活日記

【ビジネスメール改善塾!その2】リマインドメール

 

 

   花火をしてきた

 「花火でもしますか」と、珍しく師匠(師匠とは筆者の恋人のことです)が提案をしてくれたので、我々は夏の暑さにくじけながらも人並みをかき分けドン・キホーテの花火コーナーへと向かいました。

 

 師匠もいい歳したおっちゃんだし、花火=線香花火くらいの脳なんだろうな、と勝手に解釈し「師匠~ありましたよ、花火」と、線香花火を指さすと、「え?これで300円?」と不思議そうな顔をし、「ほら、こっちはこんなに入って600円ですよ。こっちのほうがお得感があります」と、浜辺でウェイたちが消費するような大きなパッケージ花火を持ち出してくるではありませんか。正気か、このおっちゃん。

 

 「何回かに分けてやればたくさんできるし、いいかもしれませんね」ととりあえずウェイ花火を受け入れ、我々はホクホクした気持ちでドン・キホーテを後にしました。

 

 次の日の夜、近所の公園で早速花火をやってみたのですが、煙が結構モクモク出てしまい、でかでかと「火の用心」と書かれた消防車両の格納庫前でやることじゃねえなあと師匠と反省しつつ、煙が消え去っては花火を30分間燃やし続けました。

 

f:id:machibook:20180814165600j:plain

 

 大きいと思っていたウェイ花火も、中の台紙がデカいだけで思っていたほどの量ではなかったため、あっという間に半分以下に減ってしまいました。師匠が少し悲しい顔をしていた気がしますが、一方自分はというと「ウェイと一緒で中身はスカスカってか!へっへっへ」と黙ってニヤつく可愛げのなさを発揮しておりました。

 

 半分はないけど、まだ余りの花火があるので、また今度師匠と続きを楽しんできます。線香花火だけでも買い足してこようかな。

 

 さて、そろそろ本題の方に参りましょう。今回のテーマはこちら!

 

 リマインドメール

 先方からお問い合せがあったので、一度回答してメールを返したものの、1週間返事がなかったため、以下のリマインドメールを送ることにしました。今回も見事に先輩に指摘されまくったたわけですが・・・

 

株式会社〇〇

〇〇様

 

お世話になっております。

〇〇の太宰です。

 

先日メールをお送りしましたが、届いておりますでしょうか。

 

大変失礼と存じますが、確認のため連絡いたしました。

念のため、先日のメールを転送いたします。

 

本メールと行き違いで連絡をいただいておりましたら、申し訳ありません。

お手数をおかけしますが、ご確認をよろしくお願いいたします。

 

 これはネットを見ながら作成したので、自信あったんですけどね。

 訂正した文章が、こちらです。

 

株式会社〇〇

〇〇様

 

お世話になっております。

〇〇の太宰です。

 

先日ご連絡させていただきました〇〇について、

その後いかがでしょうか。

何かご不明点等ございましたら、お気軽にお申し付けくださいませ。

 

本メールと行き違いでご連絡をいただいておりましたら、

申し訳ございません。

 

お手数をおかけしますが、ご確認の程、

よろしくお願いいたします。

 

 またまた今回もほぼ全文書き換えです。まあ、「大変失礼と存」じるなら送ってくんなやってところはありますからね。ネットより、こちらのほうが丁寧で優しく感じられます。こう、不明点があるから返信してこないのかもしれない…って感じがして、低姿勢感が出ますよね。自分はいつも高圧的なので、身につけなければいけない表現方法です。

 

 この後、先方から「返信するのをすっかり忘れていました」との連絡があったので、特に不明点を持ち合わせていたから返信を長引かせていたわけではないという事実が発覚しましたが、なんにせよ返信忘れはビジネスにおいても起こることなので、リマインドメール、ばっちり押さえておきたいです。

 

 それでは、今回はこの辺で。