読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dazai

ゴッホより普通にアジカンが好っき〜い!

雇用契約書って、いつ処分すればいい?

 

 今、やっとこさ重たい腰をあげて、机の周りから片していたところである。積みあがった本をおろし、出しっぱなしの筆記用具をベッドの上にひとまず置いて…(結局場所を変えているだけで、なにも片ついていないじゃないかという突っ込みは受け付けておりません)そうこうしていると、懐かしき前のアルバイト先の雇用契約書の本人控えが出てきた。

 

 お!懐かしい!一通り中身に目を通して、当時契約を交わしたてだった自分の好奇心や期待感を思い出してみたりする。契約期間はもちろん切れていたわけで。

 

 ごみじゃん!!!

 

 そう思ったわたしは、両手で持っていたその薄い紙を、ぐしゃぐしゃ!っと丸めてごみ箱に捨てた。日々のストレスをここぞとばかりにぐしゃぐしゃ!に当てた。そこそこすっきりした。

 

 そこでふと、思うのである。「これ、捨てていいんだっけ…?」

 

 疑問に思ったわたくし、調べました。知識も海をサーフィンして参りました。今日はここで、その調べた成果を発表しよう。

 

 結論、使用者側は、契約終了した雇用契約書は、3年は捨ててはいけないそうだ。この3年というのは、退職日から3年ということである。以下、労働基準法からの引用である。

 

(記録の保存)
第百九条 使用者は、労働者名簿、賃金台帳及び雇入、解雇、災害補償、賃金その他労働関係に関する重要な書類を三年間保存しなければならない。

 

 前のアルバイトでお世話になった会社は、今自分の手元にあるのと同じものを、あと3年近く保有することになる。そこで何らかのトラブルが起こった場合、自分も同じ手札を出せなかったらきっと不利になると考えれば、多少かさばってでも、この紙切れはやはり取っておくべきなのであろう。

 

 ちなみにわたしは、以前お世話になっていた他のアルバイト先の訴訟問題に巻き込まれたことがあり、この手のトラブルには人より過敏になっているところがある。その際には幸い、怒りに任せて破り捨てた雇用契約書をはじめとしたその他の重要書類の提出を使う機会は一切なかったのだが、いやはや何事も念には念を。である。

 

 とりあえずわたしは、丸まった雇用契約書の本人控えをごみ箱の中から救い出し、しわを伸ばして透明なクリアファイルに入れて、再び保管するのであった。ああ、部屋が片つかない。