読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dazai

ゴッホより普通にアジカンが好っき〜い!

一年の始まり

 

 一年というものは、ノートと似ている。最初の1ページ目は、それはそれは綺麗に、慎重に書く。大問の位置だとか、字の留めはね、はらいだとか…。

 

 「このノートこそは最後まで綺麗に使ってみせるんだ」という感情を、人生の中で、かれこれ167回くらいは抱いてきている。しばしば経験○数と人間性は、世間で反比例の評価を受けるものだが、ノートに関しては本当に自分は飽き性で、言い訳が立たない。経験冊数3桁は余裕だろう。汚くなったら、途端に嫌になる。めちゃくちゃ雑になる。ちなみに大体2〜3ページ目でやらかす。故意ではない。

 

 さしずめ、カウンターを挟んで向かい側から、圧倒的理不尽さで迫ってくる客も、新年数時間を過ごしてみて、何かやらかしたのだろう。さすがに一年の目標に「店員に対して傲慢な振る舞いをしよう」だなんてジャイアニズムなテーマを掲げる人間なんていないと信じたい。自分がこのショッピングモールの従業員であることを忘れて自由に発言して良いものなら、声を大にしてこう言いたい。

 

「お前ら全員家で親戚と酒酌み交わすか、初詣にでも行け!!!!!

数時間前の除夜の鐘で煩悩消し去ったんじゃねえのかよ!!物欲ゥ!!!」

 

 心の叫びも虚しく、わたくしから見たら変わり者の人間たちが、大量にショッピングモールに流れてくるのであった。

 

 この人の賑わい具合に急かされてか、はたまたわたくしの唱えるお正月の常識的過ごし方と同等の考えを持っていたために、この状況に身を置きながら働くということに苛立ちを覚えていたからか。とにかくこちら側の、バイト先の雰囲気も最悪であった。

 

 本日わたくしはめちゃくちゃ理不尽に怒られまくった。未だに腑に落ちていない。皆の怒りの沸点はかなり低く、正直これは八つ当たりにも近いんじゃないか?と何度も思った。これ以上書くと、止まらなくなるため深くは語らないでおくが、ひとつ分かったことは、今年も自分は安定して、レベルの高い「ゆとり」だということであった。自分でも引くほど。  ああ、もう嫌だ。

 

 この通り、わたくしの2017年という名のノートは、見事1ページ目で失敗した。もう書く気になんねえ。しかしページは余りまくってる。さすがに勿体無いから使わねば。勿体無いから、使わねば…。

 

 ということで、わたくしの2017年という名のノート、2ページ以降はめちゃくちゃ雑に、ゆるく適当に作っていくこととする。もうほんと、どうにでもなれ。新年一発目の、記念すべき飯が「冷凍グラタン」だった時点で自分の新年の幕開け間違ってんだ。大丈夫。

 

追記。 明日は一日中家でゴロゴロする(堅い決意)