dazai

太宰のゆるゆる生活日記

新年

 

 「あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。」

という台詞を口にするのは、自分が言葉を話し始めたのが1歳程だと聞いているので、そこを差し引き20年目と換算しておこう。今年も無事に記録更新できたことを、喜ばしく思う。

 我が人生2回目の酉年ということだが、1回目は遡ること12年前、小学校3年生の、まだ年齢が2桁にも満たない頃。クラスの女子や幼稚園の同級生たちに、ひよこの絵の年賀状を書きまくり、相手ごとにメッセージにも工夫を凝らして、可愛いシールやキラキラのラメ糊のデコレーションに命を懸けていた、謎の葉書職人時代…。今考えたら、なんて偉いんだろう。今やそんなことできる体力や気力がない。無理。しんどい。まあ、だからこうして、不特定多数に向けて、新年の挨拶を発信しているわけなのだが。

 新年早々怠惰ですみません。念のために言っておくが、昨年のわたくしのメンタルもなかなか死んでいたので、メンタル喪中ということで年賀はがきの受け取りは今年も拒否します。(返すのめんどくさいってのが本音)

 さてさて。2016年は、良くも悪くも自分の方向性が大幅にブレにブレた年であった。かなり迷走した。自分の周りの当たり前が変わり、長年蓄積してきたものが、自分の軸になっていたものが、ガタリと崩れていく様を見た。嗚呼、青天の霹靂。

 だがしかし、そのおかげで多くの発見や学びがあり、成長することができた、いい一年であったのは確かである。強がりとかではなく、心からそう思っている。我が2016年に悔い無し。みなさん本当にありがとうございました。お世話になりました。感謝感謝。

 そんな2016年をインプットの年とすると、2017年はアウトプットの年とでもしましょうか。そんな活動をたくさんできる年にしたい。自分を売り込んでいくことになるのでね、特に今年は。自分なりに、自分らしく頑張っていけたらと思う。自分が異端者ということを念頭に置いての歩みの一歩、踏み出す覚悟は十二分。みなさん、今年も応援していただけたら嬉しいです。本当にこいつ頭おかしいんじゃねえかってなった時には助言ください。

 そんなところです。あとはギターがうまくなりたいので、練習を頑張ろうと思います。ブログの更新頻度も上げていきたいです。死にたくなったら「おっぱい」と呟いて乗り越えて見せます。今年もやったりましょう。最高な1年に。

 

2017年 1月1日 太宰。